読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえでの受験戦争

待ってろ医学部!!!!!!

初投稿

こんにちは、かえでと申します。

日々の学習記録や疑問点、模試の成績などを綴っていきたいと思います。

 

簡単な自己紹介です。

志望校は関西圏の国立大学医学部医学科。私立は考えていません。

国立薬学部中退からの挑戦です。

趣味は読書とアニメ鑑賞ですが、受験のため控えています。

 

以下では、(長年の)受験経験に基づいて関西圏の国立医学部医学科の二次試験の概要・イメージを書きます。新高校三年生や、医学部受験を考える高校二年生に参考になればいいなぁ・・・

 

京都大学

・超難関

・各教科基礎ができているのは当たり前、その上で高度な発想力を問う問題が出る。医学科受験層はその中で高得点を獲得するというレベル。正直雲の上すぎて・・・

 

大阪大学

・難関

・東大と京大の中間の問題が出る

・数学は近年では整数問題が非常に難しい。京大レベルだと思います。ただ、積分は高度なレベルでパターン化しているので過去問対策が非常に有効と思います。理科はまれに見た事がない題材が出る。落ち着いて点を取れる問題から解けば良い。英語は旧帝では比較的簡単。時間がシビアなので高レベルの英文を速読する練習が有効。

・ただ、このレベルの問題で二次75%を取るのは非常に難しいです。

 

神戸大学

・(阪大と違った意味で)難関。

・易問高得点型。数理英一問も落とさない気概が必要。センターでも二次でも事故(計算ミスによる雪崩など)を少しも起こさずに終えるのは思うより難しいです。ですので阪大とは違った意味で難関と書きました。

・センターの配点が変わったので国語が少し失敗しても出願できるようになった。

 

関西の主要な国立医学部医学科の紹介は以上です。

次回からの記事では、日々の学習について詳細を記していきたいと思います。